親の環境や社会的な位置と子供の教育

教育費の確保・準備に有効な学資保険 日本の社会は、一見すると自由で、誰もがチャンスを得られる社会というように見えます。しかし、現実では、子供は親の与えた出発点から出発するしかありません。社会的な環境のレベルが高いところにいる親の場合には、同じレベルから、子供は出発できますが、そうでない場合は、それぞれの段階から出発します。それで見えない階層ができてきます。

公に貴族や平民などの昔の絶対的な階層があるわけではありませんが、たとえば同じ大学を出た人や高卒や中卒では、別な階層との男女の出会いや人脈の出会いはあまりできません。結婚でいえば映画のプリティウーマンのような出会いはおとぎ話になります。もともと出会いがないので無理なわけです。

それで、同じ出会いがある見えない階層の人と親しくなり、結婚をして、家庭を築きます。ですので、教育が重要というのは、最初に別な階層に進むことができる可能性があるからです。親はその点をよく理解して教育をする必要があります。